運動

腹筋

運動

筋トレその1

みなさんは、普段、腹筋などのエクササイズをしていますか?腹筋など、筋力をアップするトレーニングをすると、基礎代謝力がアップします。

詳しくこちらから

巻くだけ

運動

できるだけ楽に

食の欧米化、慢性的な運動不足など、現代社会では肥満体質になりやすい環境がどんどん整ってきています。その為、メタボリックシンドローム…

詳しくこちらから

ヨガ

運動

ヨガの腹式呼吸

最近はあちらこちらのカルチャーセンターで、ヨガ教室がありますね。体に負担をかけずに行うヨガは、若い方はもちろんのこと、年配の方でも…

詳しくこちらから

腹筋

運動

筋トレその2

細くなりたいと、自分で食事を制限してしている人、結構いらっしゃるようです。ですが、食事で我慢するよりも、運動してその分を…

詳しくこちらから

自宅でヨガの呼吸をしよう

家庭で簡単に出来るヨガをご紹介しましょう。
まず最初は呼吸法をマスターすることから始めましょう。
毎日、短時間でも良いから続けられたらダイエット効果も出てくるでしょう。
楽しみながら続けて下さい。
あなたが先に覚えて、ご家族にも教えてあげたらいかがでしょうか。
みんなでヨガをやって、メタボ予防にもなりますね。

では、腹式呼吸を始めましょう。
正座をして、背筋をピンと伸ばしてください。

ヨガでする正座はちょっとコツがあります。
後ろ親指が重ならないように、並べて座ります。
足の二つのかかと間に、おしりが入るようにして、背筋を伸ばします。
前の二つの膝の間ですが、こぶしの倍ほどあけます。
最後にアゴを引きます。

そして、おへその下あたりに両手を重ねて置いて下さい。
手をゆっくり軽く押して、息を吐きます。
このとき、腰をゆっくりと後ろに引くイメージで行って下さい。
実際に腰が動かなくても良いですが、腰が後ろに引っ張られるイメージです。
すると、おなかが凹んでくることがわかりますよね。

おなかの中の息を全部吐き出したら、次に吸い込みます。
押した手を緩めながら、後ろに行った腰を元に戻すようにゆっくりと吐きます。
吐く息を出来るだけ長く続けることがポイントです。
これを何回か繰り返します。

どうでしょう、腹式呼吸が出来るようになったでしょうか。
自宅で行う場合、静かな場所のほうが息に集中できます。
テレビなど雑音は消しましょう。
仕事に行き詰ったときなど、この呼吸と正座で頭がすっきりしますよ。

  • トップページ
  • 食事
  • 運動
  • 生活
  • 基本
  • 産後
  • リンク
  • リンク2