産後

産後

産後

産後のダイエット

妊娠した女性は、子供を産むことに全力を注ぎます。そして、妊娠時に行うことのひとつに、おなかの中の赤ちゃんに少しでも多くの栄養とエネルギーを与えるということが挙げられます。そのため、妊娠中はたくさん物を…

詳しくこちらから

産後

産後

産後に太る理由

産後にダイエットをするということは、女性にとっては今や常識となってきています。子供を産むということは女性にとって一大プロジェクトであり、そのためには自分の体型がどうこうなどと言っていられません。

詳しくこちらから

産後の体型はこう変わる

女性は妊娠し、出産すると体型が変わります。
これは人間の身体の仕組みがそうなっているので、回避できるものではありません。
よって、甘んじて受けるしかありません。
産後ダイエットによって体型変化は十分修正できるので、気にする必要がありません。
ただ、そんな体型変化が自分の身に降りかかるかということは、気になる点かもしれませんね。
では、実際にはどのような体型の変化が見られるのか、検証していきましょう。

まず最も変化が出るおなか周りですが、妊娠中は非常に大きく膨れるため、おなかの皮も風船の表面みたいに伸びた状態になります。
よって、産後には皮膚が伸びたままの状態になります。
これは、出産後約1ヶ月後には元に戻る子宮等とは違って、なかなか元には戻りません。
体操などで引き締めないと、なかなかたるみはとれないのです。

また、妊娠後は背中と二の腕によく脂肪がつきます。
特に、二の腕に関しては普段なかなか脂肪がつかない人でも、妊娠によってつくことが多いようです。
産後はプニプニした二の腕になる人が多いみたいですね。
背中と二の腕は、自分で脂肪が付いたことに気付きにくい箇所です。
必ずチェックしておくようにしましょう。
落とす分には運動で落としやすい箇所なので、それほど心配はいりません。

また、太ももも、皮下脂肪が付いてパンパンになるケースが多いようです。
その際には、妊娠線というものができることもあります。
これは、脂肪が付きやすい場所にできるミミズ腫れのような線です。

  • トップページ
  • 食事
  • 運動
  • 生活
  • 基本
  • 産後
  • リンク
  • リンク2