食事

トマトダイエット

夜トマトダイエット

夜トマト最近、ダイエット効果で注目されてる話題の「トマトダイエット」。
特にトマトを夜食べる「夜トマトダイエット」はダイエット効果が期待されています。
夜トマトダイエットは、その名の通りトマトを夜食べると痩せるというものですが、トマトを食べるだけで痩せる仕組み…それはトマトの栄養成分「リコピン」に関係があるんです。
ダイエットにまず最初に必要なこと、それは体の新陳代謝を上げてカロリーをたくさん消費することです。

トマトに含まれるリコピンは、血液中の毒素を退治して血液をサラサラにしてくれて、さらに血流が良くなることで新陳代謝が活発になり、寝ている間にたくさんカロリーを消費させることがで出来るんです。
トマトは体に脂肪が吸収されるのを抑える効果があります。
そして痩せるために欠かせないもの、それが「成長ホルモン」なんです。
寝ている間に分泌される成長ホルモン、その成長ホルモンを分泌させることができる効果のあるビタミンやミネラルが豊富なトマトを夜に食べることが大事なのです。
毎日続けていくことで更に痩せやすい体になっていきます。

さらにこのトマトダイエット、痩せたい人だけではなく、肌のエイジングケアをしたい人やつるつる肌になりたい人、そして美しい髪になりたい人や朝の目覚めを良くしたい人、ストレス太りを経験した人などにもおすすめなんです。
「夜トマトダイエット」は、トマトの力で「痩身」と「美容」の両方を得ることができるダイエット法なのです。

夜トマトダイエットのルール

夜トマトダイエットのルールダイエットで成果を上げるには規則を守ることが大切。
夜トマトダイエットも可能な限りルールを守って行うことが成功の秘訣なんです。
その1つ目のルール、それは夕食を一緒にトマトを食べる事。
一緒に取れるなら、加熱調理したものでももちろん生のままでも、トマトジュースとして飲んでも大丈夫です。
トマトを夜食べると、成長ホルモンの分泌が促進されるのでダイエット効果が高くなります。
トマトには色々な調理法があるので、楽しみながらダイエットを続ける事が出来るんです。

2つ目のルールは夜トマトを継続させること。
ダイエットは最低でも3ヶ月は続けてください。
人の体の爪や肌が生まれ変わるのも平均6ヶ月くらいのサイクルがかかると言われています。
体が変化してくるのも同じくらいのサイクルで現れます。
数週間行っただけでは変化は出ません。
ですから、無理のない範囲で良いので、6ヶ月は「夜トマトダイエット」を続けてみてください。

3つ目のルール、それはできる限りの規則正しい生活をすることです。
これはどのダイエットにも共通することですが、睡眠不足や暴飲暴食、偏食などの不規則な生活はつつしんでください。
健康体であればトマトの力をきちんと受けることができるので、起床時間や就寝時間を規則的に、食生活を整えるようにしてください。
また、ストレスはダイエットの敵です。お酒でストレスが解消出来るのなら、適度にお酒を飲むことはOKです。

4つ目のルールは「リコピン」を1日に15mg以上摂取することです。
トマトに含まれているリコピンの摂取量で、ダイエットの効果が出るかが決まります。
15mgの目安は、生のトマトなら大きいもので2個、ミニトマトなら17個分です。
トマトジュースの場合なら、350mlを2~3本飲んでください。
ホールトマト缶を料理で使う場合は1缶弱くらいが目安です。

  • トップページ
  • 食事
  • 運動
  • 生活
  • 基本
  • 産後
  • リンク
  • リンク2